白蟻退治に薬は不用

sp_main

シロアリ駆除の薬剤が身体に与える影響

シロアリ駆除を行なうことは大切な住宅を守るのに必要なことですが、作業を実施する際には人や動物への悪影響が気になります。駆除を実施する際は事前に薬剤のリスクを把握しておき、被害を最小限に抑えられるようにしましょう。

妊婦への影響
シロアリ駆除に使われる薬品は神経毒ですが、人体へ悪影響を及ぼすことがないように作られています。しかし妊婦の中に存在する胎児には強い悪影響を及ぼす可能性が高いため、妊婦の方は薬剤が身体などに付着しないように注意しなければなりません。
子どもへの影響
小さな子供や生まれたばかりの赤ちゃんにとって、シロアリ駆除用の薬剤はとても有害です。子供の肌に薬剤が直接触れたり、誤って薬を吸引してしまったりすると、アレルギー反応が出てしまい脳の発達に悪影響を及ぼす可能性があります。

健康に配慮されたシロアリ駆除

妊婦やお子様がいるご家庭はベイト工法がおすすめ

シロアリ駆除に使われる駆除剤は小さな子供や高齢者にとって刺激が強いため、接触するとアトピー性皮膚炎やアレルギー反応を発生させてしまう可能性が高いです。
しかし現在ではベイト剤を活用したベイト工法が登場しており、駆除剤を利用しなくても白蟻をしっかり駆除できるようになってきています。安全性の高い駆除方法は他にも多数登場しており、それぞれの目的に合わせて自由に駆除方法を選択することが可能です。人体はもちろん自然にも悪影響を与えることはありません。

そのほかの工法

ムース工法
シロアリ駆除を実施した場所から薬剤が漏れるのが心配な場合は、ムース工法を利用するのが最適です。薬剤をムースのような泡状態にして利用するため、施工後に住宅で薬剤の飛散や液漏れなどが発生することはありません。
ケミカル工法
ケミカル工法は殺虫薬剤を白蟻が生息している部分にのみ注入する方法であり、床下に防蟻層を設置することで外部からの侵入を防ぐことが可能です。防蟻層は接触した白蟻を死滅させる効果を持っているため、住宅に住み着く心配はありません。
Button Top